飲む日焼け止めは、塗る日焼け止めと違って紫外線を直接カットすることが目的ではありません。
肌が紫外線で受けたダメージを軽減することが、飲む日焼け止めの本来の使用目的になります。
塗る日焼け止めの方は、肌に紫外線が降り注ぐのを防ぐ目的で使用しますので、飲む日焼け止めと同じ紫外線対策でも使用用途が異なります。
また、塗る日焼け止めは塗って使用するので、肌の状態によっては肌荒れが起こる可能性がありますが、飲む日焼け止めは塗る必要がないため、肌荒れが起きる心配がありません。
そのため、飲む日焼け止めは敏感肌の方でも日焼け止め対策として取り入れやすいです。
しかし、塗る日焼け止めには肌に優しい日焼け止めとしてオーガニックの塗る日焼け止めがあります。
なので、飲む日焼け止めとオーガニックの塗る日焼け止めを併用することで、敏感肌の方でも肌荒れに悩まされずに日焼けと紫外線対策を同時に取り入れることができます。
飲む日焼け止めは、紫外線が肌に届くのを防ぐ効果を持たないので、飲む日焼け止めだけでは肌の日焼けを防げません。
なので、塗る日焼け止めも使うことで、肌の日焼け対策もできます。
飲む日焼け止めで体の内側から紫外線のダメージを軽減して、塗る日焼け止めで日焼け対策を行うことで、確実な紫外線対策と日焼け対策ができるようになります。
詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。⇒飲む日焼け止め 効果

関連記事